「LINE Ads Platform」、販売・開発などのパートナーを認定する 「Marketing Partner Program」の認定基準を公開

LINE Ads Platform

2017.03.31

LINE株式会社は、同社が運営するコミュケーションアプリ「LINE(ライン)」および「LINE」関連サービスを対象とした運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」において、販売・開発のパートナーを4カテゴリーで認定する「Marketing Partner Program」の認定基準を公開いたしましたので、お知らせいたします。
 
LINEでは、国内MAU(月間アクテイブユーザー数)6,600万人を超える豊富なユーザー基盤とアクティブ率の高さを活かし、様々な形態で企業と消費者を繋ぐマーケティングプラットフォームとしての利用を推進しています。その中で、「LINE Ads Platform」は、「LINE」および「LINE」関連サービスを対象とした広告配信プラットフォームとして、2015年より「LINE」のタイムラインでの広告表示テストを開始し、2016年6月からは運用型広告配信システムの導入、およびLINE NEWSサービス内の広告配信をはじめ、日本での本格運用を開始いたしました。以来、2017年1月末時点で1,000以上の企業・ブランドに利用されております。  
 
2017年2月17日には、「LINE Ads Platform」の拡販および機能追加・改善をより積極的に推進することを目的に、日本国内の「LINE Ads Platform」販売広告代理店や連携サービスのデベロッパーを認定・表彰する「Marketing Partner Program」の開始を発表いたしました1。そして、本日、各カテゴリーの認定基準やその特典を公開いたしました。
*1:発表時のプレスリリースはこちらからご確認いただけます。https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1656
 
Sales Partner
期間:2017年4月1日~同年9月30日
対象:LINE Ads Platformを取り扱う日本国内に本社もしくは支社を持つ販売代理店
認定基準:対象期間中のLINE Ads Platformの累計売上金額(Hike Networkおよび海外販売分を含む) など
階級:5段階(Diamond Partner/Gold Partner/Silver Partner/Bronze Partner/Basic Partner)
特典:新プロダクトの優先案内・営業サポートの強化・LINE主催イベントへの優先招待 など
 
Ad Tech Partner
期間:2017年4月1日~同年9月30日
対象:対象期間中に申請があったサービスデベロッパーおよびツールベンダー
認定基準:独自機能の実装有無およびその件数・一定期間中の売上総額およびAPI経由売上金額・
API接続エラー率・活用事例の広報活動 など
階級:1段階(Official Partner)
特典:APIアカウント数の制限緩和・β機能(試用機能)の提供・プロダクト開発サポート など
※2月17日の発表時点では、3段階の認定を予定しておりましたが、検討の結果1段階のみの認定に変更いたしました。
 
Data Provider Partner
期間:2017年4月1日~同年9月30日
対象:対象期間中に申請があったサービスデベロッパーおよびツールベンダー
認定基準:IDFA/AdIDを基にしたデータ保有量・データ活用売上・該当DMPの導入社数・
活用事例の広報活動・機能開発実装の有無およびその件数 など
階級:1段階(Official Partner)
特典:自社保有データを活用したLINE Ads Platform連携配信 など
 
Ads Measurement Partner
期間:2017年4月1日~同年9月30日
対象:対象期間中に申請があったサービスデベロッパーおよびツールベンダー
認定基準:該当ツールの導入数・該当ツール経由でコンバージョン連携をしている広告配信の売上・
プロダクトの品質およびその開発速度 など
階級:1段階(Official Partner)
特典:LINE Ads Platform内の計測データや計測連携機能の提供 など
 
なお、Ad Tech Partner ・Data Provider Partner・Ads Measurement Partnerについては、LINEのパートナー登録サイト( https://partner.line.me/ja/partner/join )から申請を受け付けております。
対象国:日本 パートナーシップカテゴリー:該当カテゴリーを選択 以降必要項目を入力
 
本プログラムは、10月に各パートナーの初回認定2を予定しており、上記集計・申請受付期間においても、一部パートナーに対し、認定に相当する優遇措置を付与する可能性があります。
*2:初回認定以降は、Sales Partnerは半期に一度の更新・認定、その他3カテゴリーについては順次の更新・認定を予定しております。
 
また、LINE Ads Platformでは、「Marketing Partner Program」の実施に際し、各カテゴリーの認定パートナーを対象に、入稿されるクリエイティブや売上成長率などの部門を設け表彰するMVP制度も併せて実施を予定しております。3
*3:MVP制度に関する審査基準および特典等の詳細については、10月以降に改めて告知いたします。
 
LINEでは、今後も様々なメニューを通じて、企業とユーザーの双方にとって価値のある情報接点を提供し、コミュニケーションインフラとして多様な活用の可能性を広げてまいります。
 
■「LINE Ads Platform」とは
「LINE Ads Platform」では、広告配信実施企業が専用の管理画面から予算・期間・ユーザー属性・クリエイティブ等を登録・入札し、「LINE Ads Platform」のシステムにより広告が選定され、ユーザーに表示されます。運用型配信システムに切り替えることで、枠数や予算上これまでLINE上に出稿できなかった企業も広く利用が可能になり、また、広告の表示有無やその効果等を細かく確認・検証しながら運用することができ、予算が限られているプロモーションへの対応や、売上予測や目標達成度等に合わせた配信が可能になります。
 
また、「LINE Ads Platform」を通して、大手ニュースメディアから業界特化型メディアまで、アプリも含め多種多様な1,000を超える掲載先を持つネイティブ広告プラットフォーム「Hike Network」への配信も可能です。「Hike Network」は、特にダイレクトレスポンス系商材と相性が良く、これまでも高い実績を多く記録しています。
※登録時に、「LINE Ads Platform」「Hike Network」のどちらか、もしくは両方の選択が可能ですが、掲載可否基準・広告フォーマット・配信機能はそれぞれ一部異なります。また、「Hike Network」では、掲載メディアおよびその表示面の指定はできません。